本文へジャンプ

発達障がい市民ひろば

発達障がい市民ひろば

この広場では、発達障害に関する最近の出版物や国内・海外の発達・記憶・学習に関する最新情報(一般向けの解説)などを紹介します。

最新医学論文1~42まではこちらから

2017.3.31 第94号 【最新医学論文94】「自閉スペクトラム症の高リスク家系に生まれた乳幼児の脳発達」を掲載しました。
2017.3.31 第93号 【最新医学論文93】「脂質化オキシトシン類似化合物が細胞内カルシウム濃度、両親養育行動および血漿・脳脊髄液中のオキシトシン濃度に与える構造特異的な効果」を掲載しました。
2016.12.15 第92号 【最新医学論文92】「未熟新生児で唾液中のオキシトシン濃度測定ができる」を掲載しました。
2016.12.12 第91号 【最新医学論文91】「親参加型の就学前早期介入プログラムによる自閉症症状の長期的改善」を掲載しました。
2016.11.9 第90号 【最新医学論文90】「社会的および心理的ストレスにより生じるサイクリックADPリーボースと熱はCD38とTRPM2を介して、オキシトシンの遊離を制御する」を掲載しました。
2016.9.29 第89号 【最新医学論文89】「青年期自閉スペクトラム症への継続オキシトシンスプレーの効果は点鼻用量と遺伝的個人差の影響を受ける」を掲載しました。
2016.4.22 第88号 【最新医学論文88】「知的障害を伴う男性の自閉症者を対象とするオキシトシン:盲検下探索的臨床試験」を掲載しました。
2015.5.7 第87号 【最新医学論文87】「オキシトシンは、大脳皮質ニューロンへの興奮性入力と抑制性入力のバランスを調節することによって、母性行動を可能にする。」を掲載しました。
2014.12.26 第86号 【最新医学論文86】「若年者の冷淡かつ非感情的な特性に関わる環境リスクとオキシトシン受容体遺伝子のメチル化修飾」を掲載しました。
2014.4.5 第85号 【最新医学論文85】「自閉症児の大脳新皮質で高頻度に観察される異常斑」を掲載しました。
2014.3.6 第84号 【最新医学論文84】「自閉症は出生前に治療できるか?」を掲載しました。
2013.11.1 第83号 【最新医学論文83】「瞑想で慈愛の心を育む」を掲載しました。
2013.6.20 第82号 【最新医学論文82】「オキシトシンの吸入:薬物治療に向けた健常群と臨床群における試行のレビューとメタ分析」を掲載しました。
2013.5.27 第81号 【最新医学論文81】「自閉症スペクトラム障害の2つのマウスモデルにおけるオキシトシンの向社会的効果」を掲載しました。
2013.5.27 第80号 【最新医学論文80】「活性化マーカーから多機能分子への長い旅」を掲載しました。
2013.5.27 第79号 【最新医学論文79】「オキシトシンは高いレベルの社会性認識を改善する」を掲載しました。
2013.4.10 第78号 【最新医学論文78】「母親の幼少期の虐待経験は子どもの自閉症のリスク増加と関連する」を掲載しました。
2013.3.14 第77号 【最新医学論文77】「自閉症で男性が多い説明としての女性の保護因子について」を掲載しました。
2013.3.2 第76号 【最新医学論文76】「脳オキシトシンとバゾプレシンの平衡」を掲載しました。
2013.2.1 第75号 【最新医学論文75】「オキシトシン研究における投与方法の標準化」を掲載しました。
2013.2.1 第74号 【最新医学論文74】 「広汎性発達障害児の優れた能力に関わる脳内ネットワークを解明」を掲載しました。
2013.2.1 第73号 【最新医学論文73】 「父親のこどもの養育には母親からのコミュニケーションが必要 マウスの父親がイクメンであるためには?」を掲載しました。
2013.1.25 第72号 【最新医学論文72】「オキシトシンにより、男女間の距離の取り方が変わる」を掲載しました。
2013.1.25 第71号 【最新医学論文71】「NMDAレセプター発現抑制マウス:統合失調症より自閉症と合致する?」を掲載しました。
2012.11.28 第70号 【最新医学論文70】Natureに自閉症を展望する特集が出ました。
2012.9.25 第69号 【最新医学論文69】「オキシトシンが著効した16才女子」を掲載しました。
2012.1.18 第68号 【最新医学論文68】「ネズミにもある共感能力と向社会的行動」を掲載しました。
2011.11.29 第67号 【最新医学論文67】「2-5歳の子供におけるシータ波伝導と言語表現」を掲載しました。
2011.7.29 第66号 【最新医学論文66】「妊娠中の血中オキシトシン濃度は産後うつの発症と相関する」を掲載しました。
2011.6.6 第65号 【最新医学論文65】「ヒトを対象とする研究でオキシトシンの鼻腔投与に対する安全性、副作用と自覚(体感)についての総説」を掲載しました。
2011.4.13 第64号 【最新医学論文64】「科学者は自閉症と統合失調症の社会性障害に対するオキシトシン治療を精査している」を掲載しました。
2011.3.30 第63号 【最新医学論文63】「マーモセットの父親の新生児の嗅に対する異なる内分泌的反応」を掲載しました。
2011.2.22 第62号 【最新医学論文62】「シナプトタグミン4の関与する神経分泌と体重とエネルギーバランスを調節する視床下部のオキシトシン」を掲載しました。
2011.2.8 第61号 【最新医学論文61】「オキシトシンが母性保護、母子間の親密度の記憶に与える影響」を掲載しました。
2010.12.13 第60号 【最新医学論文60】「末梢のオキシトシンは統合失調症のひどい症状を緩和させる」を掲載しました。
2010.12.2 第59号 【最新医学論文59】を掲載しました。
2010.12.1 第58号 【最新医学論文58】「オキシトシンの追加鼻腔投与は統合失調症患者の症状を改善する」を掲載しました。
2010.7.12 第57号 【最新医学論文57】「ラットの母親養育行動の脳内神経回路」を掲載しました。
2010.6.28 第56号 【最新医学論文56】「テストステロン投与は対人信頼感を低下させる」を掲載しました。
2010.6.23 第55号 【最新医学論文55】「マウスのオキシトシンにより生じる鎮痛とかきむしり行動は、バソプレシン-1A受容体により伝達されている」を掲載しました。
2010.6.4 第54号 【最新医学論文54】「オキシトシンが感情推定と凝視行動に与える効果は、ヒト扁桃体の異なる部分の活動変化を介している」を掲載しました。
2010.5.17 第53号 【最新医学論文53】「無秩序と抑制の自閉症スペクトラム被験者のCD38の2つの遺伝的変異」を掲載しました。
2010.3.15 第52号 【最新医学論文52】「発達障害に浸透する小さな島と若者の下位前頭容積」を掲載しました。
2010.2.17 第51号 【最新医学論文51】「ラパマイシンがリン脂質代謝に関係する脱リン酸化酵素の下流のシグナル伝達経路で作用し、自閉症様症状が軽減される」を掲載しました。
2010.2.17 第50号 【最新医学論文50】「自閉症の有病率増加に妊婦の血中セロトニン濃度が関係するという仮説」を掲載しました。
2009.12.18 第49号 【最新医学論文49】「オキシトシン受容体遺伝子の多様性が共感力とストレス反応性の違いに関係する」を掲載しました。
2009.12.1 第48号 【最新医学論文48】「ダウン症候群モデルマウスで、ノルアドレナリンで調節される条件づけ記憶を回復させる」を掲載しました。
2009.11.20 第47号 【最新医学論文47】「幼少期に受けるストレス反応は、ニューロンにおけるDNAメチル化プログラムを変化させ、バソプレッシン遺伝子の発現を増加させる」を掲載しました。
2009.11.13 第46号 【最新医学論文46】「MeCP2欠損マウスのレット症候群様の部分的回復」を掲載しました。
2009.9.16 第45号 【最新医学論文45】「精神科領域のバイオマーカー」を掲載しました。
2009.8.7 第44号 【最新医学論文44】「薬物(ラパマイシン)で治療可能かもしれない自閉症の原因が見つかった」を掲載しました。
2009.7.29 第43号 【最新医学論文43】「パーキンソン病のドーパミン療法の副作用としてのジスキネジア(異常な不随意運動)を回避するmTORC1を対象にするうまい手」を掲載しました。