第61号 最新医学論文61

Effects of oxytocin on recollections of maternal care and cioseness.

Barts JA,Zski J,Ochsner KN,Bolger N,Kolevson A,Ludwig N,Lydon JE

Proc.Natl.Acad.Sci.USA 107,21371-21375.

 Bartz らは健常な成人男性にオキシトシンあるいはプラセボ(偽薬)を鼻腔内投与し幼少時の母親による保護、母子間の親密度について回顧してもらい、その記憶の与える影響を比較検討した。その結果、愛着関係に伴う不安が少なかった被験者では、オキシトシン投与によって、保護と親密度がより満ち足りたものとして思い出されるようになった。
 一方、愛着関係に不安を伴っていた被験者では、オキシトシン投与によって、保護と親密度がより低下して思い出される傾向が観られた。これらの結果は、愛着表象
(attachment representation) がオキシトシンよって増減されることを示しており、オキシトシンが社会知覚に対して広く陽性に作用するという一般的な考えとは対照的なものである。

 





大阪大学大学院大阪大学・金沢大学・浜松医科大学
   連合小児発達学研究科 金沢校

こころの相互認知科学講座

発達障害市民ひろば ::::::::::::::::::::::::::::::