第92号 最新医学論文92

未熟新生児で唾液中のオキシトシン濃度測定ができる

Pilot study demonstrates that salivary oxytocin can be measured unobtrusively in preterm infants.

Kommers DR, Broeren M, Andriessen P, Oei SG, Feijs L, Bambang Oetomo S.
Acta Paediatr. 2017 Jan;106(1):34-42. doi: 10.1111/apa.13606. Epub 2016 Oct 17.

カンガルーケアをしている期間は、子から母、母から子への相互交流のある最大の親子関係の密接な時と言える。そのときオキシトシンが関与しているか否かを調査した。妊娠31週前後で早く生まれ、平均体重1,700g前後の21名の新生児を対象にカンガルーケアをする前後の唾液中のオキシトシンを測定した。3回のカンガルーケアで、10回分の唾液を集めて、3回のデータが得られた。その結果は、2回で増加した。増加を認めなかったのは、2度以上の出産として生まれた新生児を集めた群であった。これは、カンガルーケアという母子相互交流時にオキシトシンが増加する傾向があることが示された興味ある結果である。



大阪大学大学院大阪大学・金沢大学・浜松医科大学
   連合小児発達学研究科 金沢校

こころの相互認知科学講座

発達障害市民ひろば ::::::::::::::::::::::::::::::